2005年10月12日

古橋秀之『ある日、爆弾がおちてきて』電撃文庫

7つの話からなる短編集です。

そもそも、絵師(Holy☆Hearts!のイラスト書いている緋賀さん)買いでした。
で、読んでいったらどんどんはまり、一気に読了。いやぁ、凄いわ。

今年の3本の指に入るんじゃないかなと思わせる作品でした。


posted by かちょぅ at 01:49| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「ある日、爆弾がおちてきて」
Excerpt: 「ある日、爆弾がおちてきて」 著:古橋秀之 絵:緋賀ゆかり 「人間じゃなくて“爆弾”です。しかも最新型ですよ〜?」  ある日、空から落ちてきた50ギガトンの“爆..
Weblog: 48億の個人的な妄想
Tracked: 2005-10-17 02:39
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。